宗派によって違うお葬式でのご供花マナー

ご供花を贈る際には宗派にも気を配らなければなりません。宗派ごとに贈ると良い花、良くない花があるので注意する必要があります。仏教では百合や菊をメインに、デンファレやカーネーションなどを利用したアレンジメントが多くみられます。日本では仏式でのお葬式を行うケースが多いので、目にする機会も多いのがこのタイプです。一般的な相場よりも高額になる場合には、胡蝶蘭を用いることもあります。基本色となる白をベースに落ち着いた色合いの花を選びます。最近ではプリザーブドフラワーなどの加工した花を使用する場合もありますが、基本的には生花を使ったアレンジメントが一般的です。

また、近年は籠アレンジのご供花も増えています。スタンドタイプに比べて比較的コンパクトなので、どのような会場でも利用しやすいと人気があります。スペースがある場合にはフラワースタンドを贈ります。予算や会場の広さにもよりますが、一基だけ贈るケースも増えています。神道の場合には、お葬式である神葬祭を行います。ご供花は仏教とほぼ同じです。特に白い菊の花は神葬祭でよく利用されています。贈り方も仏教の場合と同じで大丈夫です。

本来、神道ではご供花ではなく榊を贈っていました。しかし現在では、榊を供えるのは喪主である祭主が行い、祭主以外の人は花を供えるようにします。分からない場合には葬儀社に確認すると解決する可能性があります。キリスト教の場合は、教会ではなく故人の自宅に贈るのが一般的です。そのため、小さめな籠など自宅まで持ち運べるタイプのものを用意します。また、花輪や造花などは使わず、生花のみを使用します。百合や小菊、スプレー菊、カーネーションは取り入れられることがありますが、バラの花は棘があるため使いません。

また、キリスト教独自のアレンジメントとして、クロスとハートのアレンジメントがあります。十字架モチーフのクロスは肉親や友人などが贈ります。ハートは親族だけでなく、親しい間柄の友人も贈ることができ、ハートの形で永遠の愛を表現しています。これらのアレンジメントは日本ではあまり馴染みがないので、店舗によっては取り扱いがないこともあります。