お葬式でご供花を手配するためにするべきこと

お葬式でご供花を贈る場合には、親族間で贈るかどうかを打診される場合が一般的です。親族の場合には、喪主が取りまとめて注文することも多いので、訃報の連絡を受けた時に親族間でどのようにするのかを相談します。また、ご供花以外にも果物のかご盛りなどお供え物をすることもありますので、祭壇の周りが寂しくならないようにバランスを考えて決めるというケースがほとんどです。基本的には分からないことは葬儀社のスタッフに相談すれば、お葬式の規模を考慮した上で適切なアドバイスをしてくれます。

実際に手配する際には、お葬式を取り仕切る葬儀社に依頼するケースが多いのですが、自分自身でお花を選びたい場合などには、お花屋さんやネットで注文することも可能です。お花屋さんやネットショップで購入すれば、故人の好きだった花をセレクトするなど、オリジナリティあるご供花を贈ることもできます。ただし、お花屋さんやネットショップで購入する場合には、お通夜やお葬式の時間までに設置することが可能かどうかを必ず確認する必要があります。せっかくご供花を用意しても、開式の時間に間に合わなければ処分しなければならなくなりますし、果物のかご盛りの場合には故人の自宅に持ち帰ってもらわなければならないなど、遺族の方にご負担をかけることになりかねません。

また、葬儀社によっては他店で購入したご供花を利用することはできないケースもあります。注文する前には必ず、葬儀会場に問い合わせることが必要です。一番確実な方法は、やはり葬儀社に依頼することです。お通夜やお葬式の日程と喪主の名前を伝えれば、ギリギリでも時間に間に合うように手配してもらうことが可能です。また、祭壇に統一感も出るので見た目も良くなり、地域や宗派に合わせた適切なご供花を用意してもらうことができます。

葬儀社にご供花の手配をしてもらう場合の支払いに関しては、後日振り込みがをするか、その場で支払いをします。有志など複数人で贈る場合も同様です。そのため、後日支払う機会がない、なかなか会うことが難しい場合には香典以外にも費用を準備しておく必要があります。