お葬式でご供花を贈るために押さえておきたいポイント

お葬式に参列された経験のある方なら目にしたこともある、会場や祭壇を飾るご供花ですが、実際に贈ったことはないという方は少なくありません。そのため、いざ贈ろうと思っても贈り方やご供花に関するマナーを知らないために、慌てて手配したためにマナー違反をしてしまったり、間に合わなかったために飾ってもらえなかったりするというケースもあるのではないでしょうか。一般的なお葬式は、結婚式のように事前に日程が決まっているわけではなく、突然悲しみの知らせを受けます。突然訪れるいざという時のためにも、事前にご供花に関する知識を知っていると、慌てず落ち着いて手配することができます。

ご供花とは故人の死を悼み弔うために、親族や故人と親しかった方が贈るお花のことです。死者の霊を慰めると同時に、人生最後の旅立ちを見送るお葬式の会場を飾る意味合いもあります。もちろん、絶対に用意しないといけないという決まりはありませんが、深い悲しみの気持ちや、故人の旅立ちに花を添えたいという気持ちを表したい場合はご供花は用意した方が良いでしょう。特に遠方に住んでいるため、すぐに駆けつけることができない場合や、様々な事情でどうしてもお葬式に参列できない親族の方や、親族以外でも故人と親しくしていた友人や職場などの有志、学校などの団体から贈る場合もあります。また、住んでいる地域によっては自治体などでご供花を贈ることもあります。

ご供花の相場は大体7,500円から15,000円程度が一般的です。この値段はスタンドの場合は一基の値段ですので、二つ並べて一対として贈る場合には費用も倍になります。種類によっても価格が異なり、かごやアレンジメントは比較的安く費用を抑えることができます。一方でスタンドは、かごやアレンジメントに比べると高価になりますが、見栄えも良いので広めの会場の場合などには相応しいご供花です。費用に関しては、ご供花に使用するお花の種類や季節によっても価格が大きく変わってきますので、贈る際には最初に予算を伝えるなど注意する必要があります。

親族ではない場合でも贈ることができます。個人で贈る場合には、ある程度の費用が必要となりますが、例えば友人など複数人で贈る場合には個人の負担も数千円程度、人数によっては数百円程度と少なくてすみます。特に生前故人と近しい関係であった場合などで、相場の香典だけでは不十分かなと思われる際には、香典とは別にプラスご供花という形で弔意を表すことも可能です。

新着情報

2018年08月09日
  ホームページを更新しました。